シールが貼られたダンボールトップ >> シールが貼られたダンボール >> シールが貼られたダンボールとは

シールが貼られたダンボールとは

シールが貼られたダンボールとは

荷造り作業中に開梱作業を容易にする目的と搬送中の破損防止のためにダンボールに貼り付ける注意シールをいただけるかどうかは引越し業者によって異なると思うのです。

強粘は一般糊と比べてより強い接着力を有しているので一般糊ではすぐにはがれてしまうゴム/木材などで使用されるのです。

同様のシールを事前に用意してある業者もあれば無い引越し業者もあるのです。

また基本的には提供を受けるには費用がかかるのです。

一般糊より接着力が強いため、シールを剥がした後に被接着物に粘着材が残るカス残り現象が発生するケースが多く見受けられるのです。

もしダンボール等の資材を全てサービスで提供を受けている場合はこの注意シールも無料になることがあると思うのですが詳しくは必ずご依頼の引越し業者にお問い合わせてみるようにしましょう。

シールがない場合は、直接ダンボール箱に上積み厳禁や割れ物注意などを記載しても構わないのです。

接着面に極端な凹凸があるとかザラザラしている場合は、強粘タイプでもシールが剥がれやすくなるのです。

こういう場合は粗面用タイプを使用する必要があるのです。

身近なものでは段ボールや砥石などがこれに相当するのです。

またダンボールに直接記入いただく際の注意点ですが、ダンボール箱に中身の詳細を記載する場合には天面だけでなく段ボールの側面にも記載するようにしましょう。

粘着材は温度によって変化する性質があるのです。

常温では全く問題がない粘着材が、冷凍したら硬化して粘着力を失ったというケースもあるのです。

冷凍食品や低温保存が必要な医薬品などの場合は、冷凍用タイプを選ぶ必要があるのです。

ダンボールは積み重ねてしまうと天面の文字が見えなくなってしまうのです。

内容物が分からないと開梱時に手間がかかるようですのでダンボールの横側面にも記載する事をお勧めできるのです。

オリジナルダンボール製作は、小ロットでオーダーメイドできるダンボール屋さんが数多くあるのです。

特に新品で粘着力が強いと、粘着面同士を貼り合わせてしまうと男性でも剥がすのが大変ですので、現在はシールの粘着面に別のシートを貼り付けて携行する方法が一般的になってきているのです。

シールが貼られたダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。