シールが貼られたダンボールトップ >> シールが貼られたダンボール >> オリジナルのシールが貼られたダンボール

オリジナルのシールが貼られたダンボール

シールが貼られたダンボール オリジナル

ダンボールは大きさが揃っているほうが作業しやすいようです。

引越業者から貰うと必然的に大きさが揃うので、作業ははかどるのです。

また、見積もりの際に引越業者にお願いをしておくと、ダンボールを無料で譲ってくれる可能性があるのです。

梱包資材のダンボール箱によりオリジナリティを求めるならば、箱も印刷もオリジナルでという方法も良いかもしれないと思います。

一般的には、梱包品の内容や差出人・送り主の名を表示するものや、また、両面印刷に対応したシールも作製可能となっているのです。

通販ショップで、オリジナルダンボールを製作したいが、オープンしたばかりでダンボール印刷まではちょっとできないという方には裏ワザがあるようです。

それは、自分でダンボールにプリントする方法となっているのです。

コピー用紙等で一般的に使われている紙素材で光沢はなくフルカラー印刷に不向きなのです。

表面にボールペンなどで描き込むような場合には最適なのです。

梱包材、緩衝材は古新聞を用意しておけばなんとかなるのですが、できればプチプチがあったほうが良いと思います。

プチプチはさほど高くないので、自分の荷物の保全を考えたら、買っておいて損は無いと思うのです。

どういうことかと言うと、規格サイズの無地のダンボールに、プリントゴッコやTシャツくん等のシルクスクリーン印刷できるグッズで段ボール箱にプリントしてしまうという方法となっているのです。

一般的に使用される紙素材で、紙のシールに良く使用されるのです。

上質紙よりも若干光沢があり高級感が得られるのですが、ミラーコート紙よりはツヤはないのです。

100 枚、200 枚、、という大量に印刷するのはとても厳しいですが、とりあえず 10 箱~ 50 箱くらい必要というならば、適度な暇と時間を見つけて自分で作ってしうようにしましょう。

一般的な紙素材に鏡面仕上げを施しており、アート紙よりさらにツヤがあるのです。

上質紙より若干厚手の素材で、印刷の仕上がりも高級感があるのです。

ガムテープに似ているのですが、養生テープというものがあるのです。

これは手で切りやすく、粘着力がやや弱めではがしやすい性質のあるテープなのです。

シールが貼られたダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。