シールが貼られたダンボールトップ >> シールが貼られたダンボール >> 強い素材のシールとダンボール 

強い素材のシールとダンボール 

シールが貼られたダンボール 強い素材

合成紙のユポより厚く、水にも強い素材です。

屋外用ステッカーに向いていると言われています。

環境などを考え、リサイクル可能な片面ダンボールを、緩衝材の役割として発泡スチロールの代わりに使われることもあるようです。

また、大別すると一般ダンボールと特殊ダンボールに分類され、前者はお馴染みダンボール箱で、後者は耐水・撥水、鮮度保持、防錆、導電性、断熱などの効果・特性をもつものなどが存在しているのです。

印刷できるインクの種類や色数、そして印刷できるダンボールの色は、業者により異なるようですので、注文の際は確認するとよいと思うのです。

一般的に印刷に用いられる白いフィルム原紙で、合成紙とも呼ばれます。

高い耐水性があるので台所用品など濡れる場所での使用におすすめとなっているのです。

ロゴや店名、各種表示用途や注意情報の表示など、非常に多用途に用いられるのです。

特殊な紙を、ライナーと段の両方に使用し、片面ダンボールにしているようです。

水にぬれてもはがれないのが特徴となっているようです。

ダンボールのサイズや種類は、みかん箱タイプのものやピザ箱タイプ、くつ箱タイプや筒型タイプなど様々あるようです。

白色のダンボールは、クラフト色のダンボールに比べて、紙の強度が若干ですが劣るようです。

コピー用紙のような表面になにも塗っていないマットな紙なのです。

お値段もリーズナブルなのです。

印刷や加工がしやすく、店名・ロゴや表示シール・バーコードから荷札まで非常に幅広い用途に用いられるのです。

紙を裁断する際に、裁断面がきれいに仕上がらない場合があるのです。

よく見かけるのは表裏の紙で中央のなみなみをサンドイッチしたタイプです。

表面に顔料をコーティングした素材で、上質紙に比べて表面にツヤがあり、印刷・加工がしやすい紙なのです。

店名・ロゴや表示シール・バーコードなど非常に幅広い用途に用いられるようになっています。

そのなみなみには方向があるために、結果としてダンボールには流れ目方向によるタテとヨコの区別があるようです。

シールが貼られたダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。