シールが貼られたダンボールトップ >> シールが貼られたダンボール >> シールが貼られたダンボールの活躍

シールが貼られたダンボールの活躍

シールが貼られたダンボール 活躍

ダンボールとは、表と裏にライナーと呼ぶ強靭な板紙を使用し、真中に波形に成型した中芯という板紙を貼り合わせた厚みのある構造になっているようです。

感熱用紙で熱を加えることにより色が変わるのです。

スーパーの価格表示ラベル・荷札など、感熱式のプリンターで使われているのです。

無料でダンボールをもらうときには、しっかりと見積もり金額にダンボールの金額が入っていれば、引いてもらうことを確認しておくようにしてください。

フィルムベースですので水に濡れても破けないのです。

フィルム系の素材の中では粘着のタイプも幅広く安価なためステッカーなど広く使われているようです。

ダンボールといえば引越の必需品です。

ダンボール箱がなければ引越の荷物をまとめられないのです。

最近の引越業者では、ダンボールではなく、繰り返し使える食器を入れるコンポや洋服をハンガーのままかけて運ぶコンポがあり、資源が無駄にならずに大変良いものだと思うのです。

小学生の夏休みの工作などでもダンボール紙は活躍するのです。

バーコードシールは、今ではなくてはならない流通情報システムの役割を担っているのです。

販売商品や店頭の値札にバーコード印刷商品は必需品なのです。

シールやラベル、スッテカーは必ず使用はしないですが役割は多く、広範囲で利用されているのです。

印刷したシールの上から透明のシールを貼ることにより表面保護になるのです。

またツヤが出て印刷がよりきれいに表現できるのです。

ツヤなし、透明ホログラムのラミネートもあるのです。

シール印刷素材は、アート紙、クラフト紙などを使用するのです。

シールに上質紙を使う場合は価格が安いこともあるようですが、シールやラベルを使用するときに上からボールペンなどで書きやすいために、荷札やインデックスなどに多く利用されているのです。

ダンボールの色はクラフト色が基本となっているようです。

小さい箱に用いる厚さ3mmのダンボールは、クラフト色の以外に表面が白いものを標準で用意しているようです。

シールに色上質紙を使う場合は、紙の地の色を有効に使いたい場合に使われ、印刷色数もほとんど1色で済んでしまうのです。

シールが貼られたダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。