シールが貼られたダンボールトップ >> シールが貼られたダンボール >> 印刷されたシールとダンボール 

印刷されたシールとダンボール 

シールが貼られたダンボール 印刷

クラフト色はダンボール色なんて呼ばれたりもするようですが、よく見るとこのクラフト色にも微妙に色の変化があるようです。

通常のシールでは印刷された文字の上に貼ると下の文字が透けてしまうのですが、訂正用のシールは裏面がグレーになっていますので透けないのです。

規格サイズの無地のダンボールに、プリントゴッコやTシャツくん等のシルクスクリーン印刷できるグッズでダンボール箱にプリントしてしまうという方法となっているようです。

カタログやパンフレットの印刷ミスは時々起きてしまうものなのですが、こういった訂正シールで隠してしまうことが可能となっているのです。

白は綺麗な色なので、特に綺麗な印刷を入れると映えて見えるようです。

通常その場合、色紙の下はCを用いるようです。

馴染みのあるミカン箱型のものなのです。

生産性もよく、オーダーのサイズでも型抜きが必要ないため、単価がダンボール箱の中でも一番低価格で箱の強度があるものになるのです。

また、会社案内などで毎年変わる売上高、従業員数などの文字、数字なども上から貼るだけで簡単に修正することが可能となっているのです。

さらに目立ちにくくするために印刷用紙も元の印刷物の素材にあわせていくことも可能なのです。

自前でシールを作る場合、そのマークのデータなどはホームページを探すと無料で手に入ります。

ダンボールに印刷された注意書きのマークは「ケアマーク」と呼ぶそうですが、ダンボールのマークを無料でダウンロードできたりします。

シルクスクリーン印刷グッズを持っていないという場合には、オリジナルシールを作りそのシールをダンボールに貼り、オリジナルダンボールにするという方法もあるようですので検討してみるようにしましょう。

食料品の賞味期限、消費期限、法律に基づく成分表示、工業製品などの材質や品質に関する表示なのです。

白いダンボールは清潔感があるので、ダンボールにまで気を使っていることが受け取った人に伝わり、中に入っているものもランクアップした感じがすると人気となっているようです。

食品や製品を購入する側にとっては、購入する前に得られる情報として重要な役割を持っているのです。

シールが貼られたダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。