シールが貼られたダンボールトップ >> シールの素材 >> 耐水性や耐侯性

耐水性や耐侯性

ダンボールに貼るシールに耐水性を求める場合には、塩化ビニールやポリエステルの基材が用いられます。

耐侯性にも優れているため、変色しにくく長持ちするという特性がありますが、やはり、上質紙に比べると価格が高く設定されています。

シールに使用される粘着剤には、アクリル系とゴム系、特殊アクリル系の素材があります。

一般に多く流通しているのは、紙のためのアクリル系の粘着剤で、粘着力が強いタイプになります。

紙製の粘着テープを想像してもらうと分かりやすいと思います。

ダンボールに貼るシールには、ゴム系の粘着剤を用いることはありません。

最近では、ダンボールのリサイクルや個人情報の保護も考慮して、再剥離タイプといって、一旦粘着してもきれいに剥がせるタイプの粘着剤も登場しています。

これらはすべてアクリル系に分類され、粘着力は一般の粘着剤よりも弱く、綺麗に剥がすことができるという特徴を持っています。

シールが貼られたダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。