シールが貼られたダンボールトップ >> ダンボールとシール >> ダンボールにシールを貼るメリット

ダンボールにシールを貼るメリット

ダンボールに直接会社のロゴや注意喚起を印刷せず、シールを使うメリットとはどこにあるのかを考えてみましょう。

ダンボールへの印刷が難しいということはありませんが、直接ダンボールに印刷をしてしまうと、汎用性が無いダンボールを大量に在庫として抱えるというデメリットがあります。

ダンボールもシールと同様に、大量のロットで注文することで費用を抑えることができますので、ダンボールに直接印刷する方法では、他の用途に使いたい時にそれができません。

ダンボールにシールを貼るメリットは、ダンボールに直接印刷するデメリットとイコールなのです。

つまり、ダンボールには何も印刷しない状態で在庫を持っていたとしても、様々なシールを貼ることで、用途を無限に広げることができるのです。

シールの在庫を抱えるという問題はありますが、シールはダンボールと違ってかさばらず、倉庫を占領することもありませんから、邪魔になることはないでしょう。

シールが貼られたダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。