シールが貼られたダンボールトップ >> ダンボールとシール >> ステッカーとしてのシール

ステッカーとしてのシール

無地のダンボールに送り状だけ貼って送るのでは味気ないものです。

まして、ネットオークションではなく、きちんとしたショップとして商品を発送するのであればなおさらのこと。

しかし、社名などロゴを印刷したダンボールでは汎用性が効かないというのであれば、ロゴをシールとして作成して発送時に貼っていきましょう。

ステッカー感覚で気軽に貼ることができますが、この時の素材は、ショップのイメージを引き立たせるためにも、上質紙ではなく、光沢のある紙や塩ビのシールを選ぶと良いでしょう。

多少費用は掛かりますが、おしゃれな再貼付の出来るロゴのシールは、ステッカーとして再利用してもらうことも出来るかもしれません。

角が少なくデザインも複雑で、色数も多くなりますので、シンプルなシールに比べて費用は掛かりますが、宣伝効果は期待できるでしょう。

また、ダンボールを組み立てるためのテープに社名を印刷するという方法もあります。

シールが貼られたダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。