シールが貼られたダンボールトップ >> ダンボールとシール >> 包材としてのダンボール

包材としてのダンボール

わたしたちのイメージの中では、ダンボールは箱としての利用のイメージが大変強く、その「箱」としてのイメージも、オシャレなものというよりは、荷物などを輸送する実用性の高いイメージのほうが強いのではないでしょうか。

もちろん、輸送用のダンボール箱も包材としてのダンボールの形のひとつですが、そのような用途の際には、わたしたちが普段よく知っているようなダンボール箱だけでなく、輸送に特化した強化ダンボールや、保管などに適している丈夫な素材のプラスチックダンボールなども使われており、知らなければ一目見て「あれはダンボールだ」と判断しにくいような素材のダンボールなども多くありますので、ダンボールの奥深さというものを知ることができます。

包材というのは、その名前の通り、包むための材料ですので、実用性の高いダンボール箱としての使い方の他に、ラッピング素材などのように飾りとして使うための包材というものもあります。

ダンボールでラッピングというのは上手く想像できないかもしれませんが、ダンボールはその優しい風合いや素朴な素材感から、オシャレなラッピング包材としても活用されています。

シールが貼られたダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。