シールが貼られたダンボールトップ >> ダンボールとシール >> ダンボールの歴史

ダンボールの歴史

わたしたち一人一人のダンボールの使用量は、一年間で150箱とも言われていますが、実際には一般の人の中で「箱」という形でそれほどの数を使用しているという人は少ないのではないでしょうか。

ダンボール箱を個人が大量に使うとしたら、それは引越しなどの特別なイベントのケースであり、それ以外のシーンでそれほど大量のダンボールを使うという人はなかなか少ないでしょう。

しかし、実際にはわたしたちの生活をダンボールはさまざまな形で支えてくれていて、そのため一人あたりのダンボールの年間使用量が大きなものとなっています。

そんな風にわたしたちの生活に欠かせないものとなっているダンボールは、どのようにして生まれたのでしょうか。

ダンボールの歴史はちょっと変わったところからスタートしていて、19世紀のイギリスで当時流行していたシルクハットの中の汗を吸収させるための素材として開発されました。

ダンボールの独特な形状が、違う理由からスタートしたというのは大変おもしろいと思いませんか。

シールが貼られたダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。