シールが貼られたダンボールトップ >> ダンボールとシール >> シールとは

シールとは

みなさんはシールといわれたらどのようなものをイメージするでしょうか。

シールというのは、裏にのりのついた紙やプラスチックフィルムの素材のものをいいます。

それ以外にもシールの素材となるものはさまざまありますが、加工のしやすさや使い勝手の良さからも紙やプラスチックフィルムの素材のものが多く使われる傾向があります。

シールの歴史は古くからありますが、もともとはシールというのは現在のような裏にのりのついた紙やプラスチックフィルムの素材のものを指していう言葉ではありませんでした。

シールは、もともとはラテン語が語源となっていて、そこから派生語として英語での呼び名が変わりました。

英語としての本来の意味は、印章の類だったり、封印の意味があったりしましたが、そこから発展して流体の流出を防ぐシール(シーリング)という意味が派生したのです。

そしてその後、アメリカのほうではのりのついた紙片をシールと呼ぶようになり、アメリカでは用途や素材、大きさなどによってシールやステッカーなど、呼び方が変わりますが、日本ではそれらをまとめてシールと呼ぶ傾向にあります。

シールが貼られたダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。