シールが貼られたダンボールトップ >> ダンボールとシール >> シールとステッカー

シールとステッカー

日本では、裏にのりのついた紙片のことは全般的にシールと呼んでいます。

もちろん、使用用途に合わせてラベルやステッカーなどという呼び名を使うこともありますが、明確な基準が設けられているというわけではありませんので、なんとなく商品名に「ステッカー」と書いてあれば「ステッカー」と認識し、「ラベル」と書いてあれば「ラベル」と認識していることだと思います。

基本的に「ステッカー」と呼ばれるものは本来、屋外用などのしっかりとした作りで、耐水性のもの、粘着力も強いものが多いのが特徴です。

「ラベル」や「レーベル」と呼ばれるものはのりつきの付箋や荷札などのことをいい、商品の値段や性質などが記されているものなどで、使われる用途などによってわけられることが特徴にあげられます。

そのほかに、シールの中には「デカール」と呼ばれるものがあり、裏面に印刷がされていて、台紙は粘着せずに印刷のみが転写されるというものもあります。

シールが貼られたダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。