シールが貼られたダンボールトップ >> ダンボールとシール >> バーコードシールとは

バーコードシールとは

商品やダンボールに直接印刷されたり、シールにして貼られたりしている"バーコード"は、商品に関する情報を黒い縦の線と白いスペースの組み合わせによって表現したもので、一定の規則に従って線の幅や間隔を変えることで線という一次元のコードに変換し、デジタル情報としてコンピュータを使ったシステムの中で利用されています。

このバーコードのデータは、スーパーのレジでよく使われているような"バーコードリーダー"という光学式の読取り装置によって読みとられます。

かつてスーパーでは、清算の際には金額を1つ1つ手で入力しなければなりませんでしたが、このバーコードが考案されることによってその煩わしさや入力ミスなどは一瞬にして解消されました。

これは"POS(:Point of Sale)システム"の一部で、バーコードリーダーで読み取った番号によって商品名や価格といったPOS上の商品データが得られ、レジではさらに合計金額や釣銭までも自動計算されるようになりましたが、最近では計算された数字を見てレジの担当者がお釣りを用意するのではなく、自動的にお釣りが出てくるようなレジも開発されています。

そして"POSシステム"では、レジの清算作業によって得られたデータを、売上管理や在庫管理、発注管理、受注管理、顧客管理、売上分析などのマーケティングにそのまま利用できるようになっています。

現在ではほとんどの商品につけられるようになったバーコードですが、このようにPOSという大きなシステムを支えている土台でもあるのです。

シールが貼られたダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。