シールが貼られたダンボールトップ >> ダンボールとシール >> 時間帯サービスシール

時間帯サービスシール

大手の宅配業者の"時間帯サービス"を見てみると、いずれも午前中は8時~12時と4時間の間隔がありますが、午後は夜の9時まで2時間間隔となっています。

しかもほとんどずれ込むことなく、ダンボールに貼られている"時間帯サービスシール"に書かれた時間の範囲内に届けてくれますよね。

これは一見すると大変そうに見えますが、時間帯の指定があるというのは1度の配達で受け取ってもらえる確立がかなり高いということになり、むしろ時間帯を指定していない荷物の方が配達を完了させにくくて大変なことが多いようです。

つまりこのシステムは荷物を受け取る側にとって非常に便利なものですが、それと同じくらい宅配業者にとっても便利なシステムなのです。

各営業所に届けられた荷物は、届け先の住所や希望時間帯によってさらに仕分けされ最も効率の良い順序で届けられますが、時間指定のない荷物は前もって予定に組み込むことができないために宙ぶらりんの状態でトラック内に置かれることになります。

最近ではマンションの共有部分に宅配ボックスが設置されていることが多く、これを利用すると時間指定ない配達も1回で済むし、受け取る側も再配達をお願いする必要がなくて助かるのですが、郵便局も宅配業者も積極的に利用したがらないようです。

というのも最近では宅配ボックスを使った詐欺が多く、補償される限界ぎりぎりの額のものを入れて送ったことにしておいて留守を装い、業者が宅配ボックスに入れて帰るとちゃんと届いているにも関わらず届いていないといって補償を求めてくるのだそうです。

このような理由で、やはり業者にとっては時間指定されて届けるのが一番確良いのだそうです。

シールが貼られたダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。