シールが貼られたダンボールトップ >> ダンボールとシール >> カッター注意シール

カッター注意シール

物流現場の作業において、カッターは必需品です。

そしてダンボールを開梱するのにもカッターが使われていますが、中の商品にカッターの刃が当たって一緒に切れてしまうという事故も多いものです。

最近ではダンボールのフタと商品との間にもう1枚ダンボールが置いてあることが多いので頻度は少なくなりましたが、ダンボールのフタの部分にこの"カッター注意シール"が貼られていたら、ずいぶん事故が防げるのではないかと思います。

余談になりますが、"カッターを使わなくても簡単に開けられるダンボール"というのがありました。

これはダンボール箱の中に物を入れてフタを閉め、ガムテープで閉じた時に貼ったテープの両端がくる位置に、ガムテープの幅よりも少し長い程度の四角い切れ目が入っているもので、開梱の際にはそこを手で押して切り離してからくっついたガムテープといっしょに引っ張り上げることによって簡単に剥がすことができるというしくみになっています。

カッターを入れたり出したりする手間も省けて作業効率が上がるだけでなく、手や商品をカッターで傷つける心配もありませんし、この四角い切れ目が側面の上下に入っているために、底に貼られたガムテープを剥がすのも簡単なことから折りたたんで保存したり廃棄したりする際にも非常に便利です。

このアイデアが取り入れられて、すべてのダンボール箱がカッターなしで簡単に開けられるようになるにはまだまだ時間がかかりそうですが、倉庫作業の現場を経験したことのある人でないと思い浮かばないようなアイデアですね。

シールが貼られたダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。