シールが貼られたダンボールトップ >> ダンボールとシール >> 引っ越し荷物にシールを貼る

引っ越し荷物にシールを貼る

引っ越しをする時にはダンボールが使われます。

独身者の場合なら、それほどの荷物の量にはならないでしょう。

しかし、家族が多くなればなるほど、品物も多くなるでしょう。

それは服であったり、靴や食器類などの家財道具と呼ばれるものです。

各各々の品物がどのダンボールに入っているのが分からなくなることが引っ越しではないですか。

入れたはずの物が無い、箱を開けてみたら、お父さんの品物だったとか。

そんな時に便利なのが、シールや紙を貼ることです。

そして、ダンボールに入れる時点で、入れるものを決めておくのも良いのかもしれません。

同じものを入れておけば、引っ越しで無くなったと言う事も少なくなるでしょう。

例えば、学校で使うものはこの箱に、と言うように。

食器類はこの箱に。

名前を書いておくのも一つの手段です。

また、どこに運べば良いのかも書いておくと引っ越し業者もそのダンボールを直接その場所に荷物を運んでくれます。

例えば、二階の寝室には、この箱を運ぶ、と言うようにしておけば引っ越しの効率もよくなるでしょう。

そして、名前をシールで貼っておけば、人のものと間違えることが絶対にありません。

どうしても引っ越しをすることで今までの状態と違ってきますので、どこになにを入れたのか分かりにくくなってしまいます。

そんな混乱を防ぐにもシールを貼ることをおすすめします。

シールが貼られたダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。