シールが貼られたダンボールトップ >> ダンボールとシール >> 大量の荷物整理にシールを活用

大量の荷物整理にシールを活用

大量の荷物を一カ所に集め、そこから全国・世界に向け発送する運送業では、一個一個のダンボールを確実に輸送しなくてはいけません。

それには、バーコードと言うシールを貼ることで全てコンピュータで管理することが可能になってきます。

それには、お客さんからダンボールを預かる時にすぐシールを貼ることで、荷物の紛失が減らせます。

現在の運送業では、コンピュータを使い、ダンボールが今、どこにあるのか追尾することが出来るようになっています。

これも、時代に流れで全て管理することが出来るようになっています。

大量に同じようなダンボールばかりでどの荷物がどこに行くのか?を一瞬で分かるようにするにもシールの活用は最低必要なことです。

そして、それを管理するのはコンピュータやパソコンなどのITネットワークでしょう。

どこに住んでいようとも、送ったダンボールがどのにあるのかそのシステムがあるお陰で安心です。

それに貢献しているのは、バーコードにシールです。

ダンボールに直接書いてしまえば、見た目に悪く万が一に水に濡れたとき、インクが流れて消えてしまうと恐れも防げます。

しかし、シールだからと絶対ではありません。

輸送の途中でダンボール同士ですれて破けてしまう。

そんな時の為にしっかりしたシールを貼ることが肝心なのではないでしょうか。

シールが貼られたダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。