シールが貼られたダンボールトップ >> ダンボールとシール >> ダンボールシールの使い方とは

ダンボールシールの使い方とは

ダンボールに様々なシールが貼られていることは、皆さんも一度は目にした事があるのではないでしょうか。

割れ物注意、などというのはよく見かけるものだと思います。

それらを貼ることで、中に何が入っているのかが分かると思いますし、それにより運搬方法で注意しなければならない物というのも、見るだけで分かるはずです。

基本的に荷物を雑に扱うという事は無いと思いますが、割れ物などは特に注意して運ばなければならないので、そういった事を意識して運べるように、それらのシールが用いられるのです。

その他にも、商品のロゴなどをシールで作って、印刷はせずにダンボールに貼り付けるだけにするという所もあるようです。

そういった工夫という のには、どういう利点があるのでしょうか。

印刷ではなくシールを使うというだけで、どういう変化があるのかを確認してみましょう。

確かにシールであれば、印刷する手間は省けますし、自分の好きなようにそれらを貼ることが出来るかもしれませんが、もしもそのダンボールや紙袋の量が多いのであれば、自分の手で貼るよりも印刷するほうが早いでしょう。

使い分けというのが大事になると思いますが、それら使い分けを上手く出来るように、シールや印刷に関するメリット、デメリットを把握しておくと良いでしょう。

シールが貼られたダンボールへようこそ!

このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。